グループホームの看護師の募集先の見つけ方

グループホーム看護師求人TOP >> 基礎知識 >> グループホームの看護師の募集先の見つけ方

グループホームの看護師の募集先の見つけ方

グループホームは医療施設としての役割より、認知症を抱えた患者さんが安全で穏やかな生活を営むことができるための大きな役割を持っています。少人数での患者さんと介護ヘルパーが共同で生活をしながら過ごせるように1日のスケジュールが組まれています。認知症を患っていても社会とのかかわりを持った生活を送ることで、病状の進行を緩和させたり、ストレスの少ない生活を送ることを目指しているのです。

グループホームの主な職員は介護ヘルパーや介護福祉士です。しかし、介護施設への看護師の必要性が高まり、人員確保が義務化されたこともあり、看護師の募集も積極的に行っています。しかし、看護師不足が社会問題化しているため介護施設へ職を求める人はなかなかいないようです。そればかりか介護施設全体において通常の職員の数も不足傾向にあります。グループホームでの職員の仕事は、入居者との家族のように接し、日常生活において不便な部分をヘルプすることです。起床、洗顔、着替えの手伝いから、食事の支度においてもできるだけ本人が自発的に行えるように見守るのです。排泄や入浴の補助も必要です。健康管理、安全管理に気を配って、楽しく生活ができる工夫をするのが仕事です。一緒に散歩や趣味を楽しむことも仕事の一環です。

職員の多くは介護福祉士やヘルパーの資格を持っています。資格の有無にかかわらず、ここでの主な仕事は入居者の介助です。看護師として受け持つ仕事には、入居者の健康管理が挙げられます。他の職員でも可能ですが、より医療現場での経験と知識を生かして、入居者ひとりひとりの健康状態や衛生管理などに気を配り、より綿密に専門的なケアを行なうことが可能となります。また、他の職員に対しての研修などを行うことで、施設全体が入居者にとってより居心地の良い場所になるのです。そのためグループホーム側にとっては、医療の現場の経験者がいるだけで入居者の健康管理を行いやすくなりますし、医師との連携もとりやすくなります。このことから、看護師の確保は早急に必要であると考えているのです。

募集の情報を入手するには、ハローワーク、人材紹介会社、新聞の折り込みによる求人情報があります。中でも、人材を紹介している会社には看護職に特化したサイトが複数あります。条件によって職場の検索をすることができます。求人数の多さ、求人範囲の広さは他の群を抜いています。非公開の募集も取り扱っていますので、複数のサイトに登録をするとよいでしょう。

グループホームの求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細

Copyright (C) 2013-2018 グループホーム看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.