グループホームの看護師の医療行為

グループホーム看護師求人TOP >> 基礎知識 >> グループホームの看護師の医療行為

グループホームの看護師の医療行為

グループホームの入居者は高齢者で認知症の症状があります。スタッフの補助を受けながら、できるだけ日常と近い生活を送ることを目標としています。一般にスタッフは介護福祉士や介護ヘルパーの資格者ですが、看護資格者がスタッフとして常駐するケースが増えています。病院においての看護師の仕事は、医師の指示の元で行う医療行為や患者の見守りです。本来は単独では医療行為を行うことはできないことになっています。

このような規制がなければ、万が一医療事故が起きた場合に大変なことになってしまうのです。医師が在中している病院においてでさえ、慎重な行動が必要とされるのです。これが、常に医師がいない施設となると更なる慎重さが要求されます。しかし、緊急時においてはこの規制の限りでないでしょう。その場に医師がいない場合には、看護師ができる限りの処置をすることは超法規的処理と考えることができます。特に、グループホームなどの介護施設で医師が常駐していることは少ないです。看護師しかいない施設で緊急事態が起こった場合には、できる限りの処置をすることは当然のことです。医師との連携を取りつつ、その間の命を守るためには医療行為が許されることは予想がつきます。

医療行為を日常的に行わなくても、万が一の場合に備えるという意味でも看護師の存在は貴重です。高齢者は特に体調の波が起こりやすい傾向にあります。また、ちょっとした隙にケガをしてしまうリスクも抱えています。そのため、介護スタッフの中に医療現場での経験者を加える必要性を実感している施設が多く、需要が高まっているのです。グループホームでの勤務において、どの程度まで医療行為を行なうことができるのかというボーダーラインは、資格を持った職員に判断をゆだねられることがあるかもしれません。日常的ではないにしろ、緊張感は常に必要な現場です。介護施設での勤務を希望する場合には、このような事情があることを踏まえておくことも大切になります。

病院では慢性的な人手不足で悩んでいます。また、病院以外の医療経験者を必要とする現場も拡大しています。介護の現場においても需要が高まれば、ますます人手不足の傾向は高くなります。求人情報は、看護師に特化した人材紹介会社などで探すことができます。どこで働くのか、どのように働くのかによって職場を探すことができますが、職場特有の事情をしっかりと確認しておくことも必要です。

グループホームの求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細

Copyright (C) 2013-2018 グループホーム看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.