グループホームの看護師の配置基準

グループホーム看護師求人TOP >> 基礎知識 >> グループホームの看護師の配置基準

グループホームの看護師の配置基準

グループホームは介護施設のひとつです。認知症の症状がある入居者と介護スタッフが共同生活を送りながら、認知症のケアを行ないます。家庭的であることが特徴となっていますので、大規模であることはまずありません。医療施設には人員の配置基準がそれぞれ決まっています。健常者ではありませんので、患者や入居者に対して、看護師や介護士が必ず必要です。

認知症の症状がある高齢者のグループホームの場合には、スタッフは入居者10人に対して4人のスタッフが必要であると決められています。認知症を患っていると日常生活に支障がでます。例えば、洗顔、排泄、入浴などがひとりでは困難な状況になる人もいます。また、食事もひとりでは食べられない入居者もいます。そのため、介護スタッフは入居者が危険なめに合わないように注意を払わなくてはなりません。また、通常は睡眠中である夜間にも必ず介護スタッフが常駐して入居者の見守りをすることが必要です。配置基準では、午後6時以降午後10時までの夜間帯と午後10時から午前6時までの深夜帯は必ず1人以上の常駐が必要とされています。看護師においても配置基準が決められています。これは病院勤務の場合ですが、入院患者7人に対して看護師1人が最も働きやすい職場であるという統計が発表されています。この配置基準を保っている病院ほど人気が高く、離職率も低くなる傾向にあると言われています。

グループホームにおいて看護師は医療連携体制加算を受けるためには必要です。医療連携体制は、入居者の健康管理や健康状態のチェックを行ない、医療経験者の立場から指導や見守りを行い、緊急時には医療機関との連携を取るシステムのことです。このシステムが整っている施設には補助金の加算があるということです。配置基準は施設に対して看護師1名以上となっています。しかし、24時間体制が必要なことから、施設に1名では基準を満たすことはてきません。最低でも3人以上は必要です。

介護施設はボランティア団体ではありませんので、労働に対して正統な報酬を得る権利があります。その費用は入居者からの費用だけでは賄えるものではありません。介護保険などからの補助金によって多くは賄われているのです。少しでも良い環境で入居者のケアをするためには、加算制度に即した設備や人員の配置を整えることが必要となります。

このようなことからグループホームでも看護経験者の需要が高まっています。人材紹介会社やハローワークなどを通して求人情報を入手できますので、就職先を探しているのであれば、このような機関を利用するとよいでしょう。

グループホームの求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細

Copyright (C) 2013-2018 グループホーム看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.