グループホーム看護師転職エージェントランキング

グループホームの求人はどこで探せばいいの?

近年日本では介護事業がますます拡大している傾向にあります。グループホームなどの看護師求人もそれに伴い増えてきています。当サイトでは、グループホームで働く看護師の基礎知識から、転職を有利に進められる転職エージェントのランキング形式でご紹介しています。

看護師転職業界大手マイナビグループが運営するマイナビ看護師は、求人数の豊富さはもちろんコンサルタントのサポートも充実しており、利用者が急増している人気転職エージェントです。グループホームで転職したい看護師さんは是非ご参考下さい。

グループホームの求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・厚生労働省の認可を受けていますので、紹介されている求人情報は優良案件ばかりです。
介護施設関連の求人も多数掲載されていて、グループホームでの求人情報もあります。
・条件にこだわって求人情報を探すことができますので、家庭と両立することが可能です。
非公開求人が数多くあるので、登録者にはマッチングしやすい環境が整っています。
・看護師の資格で働けるグループホームでの求人の情報がエリア別で数多くあるのが特徴です。
・復職支援も積極的に行っているので、再就職しやすい介護施設などの職場もあります。
・仕事を紹介された看護師のうち9割以上が新しい職場に満足していると答えている点も◎です。
・無料で利用することができるので、納得できるまで気軽に利用することができるのもうれしい。



ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・ナース人材バンクには、グループホームで働く看護師の求人情報を多数掲載しています。
登録も利用も無料なので、希望の職場が見つかるまでとことん利用することができます。
・非公開のグループホームの求人情報がありますので、就業するチャンスが多くあります。
・子育て中の人や家庭との両立を目指している人でも安心して働けるグループホームがあります。
・介護の資格がなくても働けるグループホームや介護施設での仕事情報を掲載しているので◎です。
・応募する前に職場の情報や待遇などの確認を電話で詳細に確認することができるので安心です。
・面接のセッティングや条件のすり合せはスタッフが行いますので、交渉下手でも安心です。
・都合の良い時間に、日本中どこからでも仕事を検索してグループホーム求人情報を探せます。



ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・ナースフルは厚生労働省の認可を受けている人材紹介サイトで看護職に特化しています。
・大手リクルートが運営していますので、登録者の数も紹介仕事数もトップクラスです。
・グループホームで需要が高まっている看護師求人情報が数多く掲載されていますので評価高い!
非公開の求人情報が豊富なので、他サイトを利用するユーザーより先に転職を進められます。
・グループホームのようなアットホームな環境で働ける職場を条件別で効率的に探すことが可能。
パート、日勤限定、託児所有り、など家庭との両立をしやすい職場が多数あります。
・専属のアドバイザーが仕事のマッチングをしてくれますので、安心して転職活動を任せられます。
全国展開をしていますので、日本中どこからでも希望の職場を見つけることができます。



医療ワーカー 無料 全国 株式会社TS工建 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・株式会社TS工建が提供する看護職に特化した人材サイト「医療ワーカー」がランキングイン。
・人材紹介や派遣、紹介予定派遣など働き方が複数用意されていて複数の中から選ぶことができます
・コンサルタントが無料で職場とのマッチングをしてくれるので確実に就業できます。
・看護師資格でグループホームなどの介護関連の施設で仕事ができる案件が多数あります。
・パート、平日限定、時短など特殊な条件でも働けるグループホームを見つけることができます。
・看護師の職場はグループホームにも多数あり、働きやすい職場を探すことが可能です。
・条件を設定して仕事の検索ができますので、家庭と両立しやすい就業先も見つかります。
・特に首都圏の情報が数多くあるのが特徴なので、地域検索をするとよいでしょう。



看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・レバレジーズが運営している看護職に特化した人気の人材紹介サイト「看護のお仕事」
・看護師の資格保有者を希望しているグループホームでの求人情報を掲載して使い勝手がいい。
・コンサルタントは画像付きで紹介されていますので、仕事の相談に安心感があります。
・託児所付き、日勤のみ、平日のみなど看護師が復職しやすい条件の求人も多数あります。
・需要が高まっている介護施設やグループホームでの看護職の求人情報が数多くあります。
・家にいながらにして条件に合ったグループホームの仕事を探すことができますので便利です。
・サイトへの登録、仕事の紹介は完全に無料なので、無駄な費用がかかることはありません。
転職支援金制度があり、新しい職場に勤務するための環境を整えるのに役立ちます。



グループホームの看護師求人を見つける方法は?

看護職の職場は病院だけではありません。社会の変貌に伴い、高齢者が生活や入院をするいわゆる介護のための施設が増えています。グループホームもそのひとつですが、このような施設で働きたいと考える看護師も増えています。

数ある看護現場の中でグループホームは、認知症を患うお年寄りが共同生活を営む施設です。日常生活を行いながら、認知症の進行の緩和を目指しています。職員は共同生活者の生活支援が主な仕事となっています。そのため、基本的には医師や看護師が常駐しての医療看護は行われていません。看護師がグループホームで働く場合には、医療の仕事より介護・介助が主な仕事となります。看護師としての仕事より、入居者か安心して生活ができるようにサポートをするのです。一般の病院での勤務とは仕事の内容がかなり異なりますので、就職を希望する場合には、仕事の内容を確認して後悔のないようにすることが大切です。

就職先として選ぶときには、いろいろな方法で情報の収集をすることができます。新卒の場合には通っている学校などで就職情報を得ることができます。また、ハローワークでの募集もしています。新聞折り込みなどの求人情報にも看護職特集や介護特集として求人情報が掲載されています。ハローワークや求人折り込みなどは地域に密着していますので、自宅に近い職場を探すには便利です。しかし、施設によっては、福利厚生や手当などの条件が合わないこともあります。

その他の求人情報として、看護職に特化した求人サイトの利用が人気です。多くは厚生労働省の認可を受けた人材紹介業なので安心して仕事を探すことができます。地域、勤務時間、勤務形態など細かい条件で探すことができるのが特徴です。また、アドバイザーが仕事に対しての疑問を解決してくれたり、求人側との労働条件の折衝も行ってくれます。面接のセッティングまでアドバイザーが面倒を見てくれます。そのため納得できる就職先を探すことが可能です。登録はWEB上で行うことができますし、登録料や紹介料の発生もありませんので無駄な経費を使うことなく仕事を探すことができます。

>全国のグループホームの看護師求人をとりまとめる「マイナビ看護師」<


グループホームの看護師で採用されるには?

高齢化社会が進むなか、介護保険が制定され、介護に関わる職業や施設があちこちに増えています。たとえば、一般的に老人ホームと呼ばれていた施設も、利用者の状況に応じて細分化されています。グループホーム、介護老人施設、特別養護老人ホーム、民間の有料施設、などがあります。また、自宅にいながらにして、介護のケアを受けられるデイケアや訪問看護などもあります。利用者の健康状態によっても入居や利用施設には違いがあります。また、利用する側が増加するのに伴って、利用者を支えるサービスやケアに関わるスタッフの需要が高まっています。しかし、医療現場では慢性的な人手不足に陥っていることから、必要な採用人数に対して人員を確保するのが難しくなっています。

高齢者が利用する施設の中でも、医療や看護の行為を行なわないサービスがあります。たとえばグループホームです。ここでは、認知症の症状がある高齢者が共同生活という形を営むことによって、症状の進行を緩和させるというケアを行っています。そのため、医師が常駐をしていないのが一般的です。しかし、医療行為を必要としない介護の現場であっても、看護師の必要性はあります。グループホームをはじめとして医療行為を施さない施設では、医療の知識がある看護師は在中しているだけで安心感を与えます。入居者にとってはもちろん、他の職員にとっても安心なのです。

看護師は毎日の健康状態の管理や衛生管理に対して、医療現場の経験者としての観察力や注意力が生かせるのがその理由です。また、急激な体調の変化や不足事態があった場合にも知識と経験がありますので安心です。医療行為を行なうことはできないのですが、医師との連携を取ることによって迅速に対処することができるということもあります。このような多く観点から、看護師を職員として採用することは施設にとっては非常に好ましいことなのです。

施設で働きたいと考えるならば、看護職に特化した人材紹介会社が最も便利です。多くの採用情報の他、非公開の情報も数多く保有しています。WEB上から登録して紹介の申し込みをするだけなので簡単です。応募から採用までは紹介会社がとことん面倒を見てくれます。就業の条件に合う職場が見つかるまで、ある程度の条件についての折衝も代行してもらうことができます。人材不足の業界ですので、競争率も比較的低いと言えます。とはいうものの条件の良い求人はやはりすぐに決まってしまいますので、複数の会社に登録をしておくとよいでしょう。

グループホームの看護師の転職のコツは?

グループホームは最近よく聞かれるようになった施設の名称です。高齢者で認知症の症状がある方たちが生活のヘルプをする職員と共同生活をし、少人数であることが特徴です。グループホームは認知症のケアや緩和を目指しながら生活をする施設です。自分の家にいるような感覚で過ごすことで、ストレスの少ないケアを行うことを目標としています。起床から就寝まで規則正しい生活を少人数で家族の様に送りながら、洗顔、調理、食事、入浴など、自分でできる範囲で生活を営みます。もちろん、認知症の症状がありますので、単独での作業は危険な場合があります。そのため職員は入居者に目を配りながら生活のサポートをするのが仕事となっています。例えば、食事・入浴・排泄の介助、その他にも生活一般に渡ってきめ細かいサポートをします。一緒に運動をしたり、散歩に付き添ったり、趣味に付き合ったり、話し相手をするのも大切な仕事です。あくまでも家族として生活をすることがグループホームの目標です。

そのため、転職によって看護師がここでできる仕事は、病院でのような医療行為はあまりありません。他の職員と同じような仕事を行います。しかし、求人をする理由のひとつには、看護師がホームにいることで安心感が増すということが挙げられています。医療現場にいた経験を生かしながら、職員として働くことで入居者の些細な異変にも気が付くことが可能ですし、とっさの判断をすることもできるからです。医療行為をすることはできませんが、医師との連携をすることで早い段階で入居者の健康を確保することが可能なのです。

一般に、介護施設で働くには資格がなくても可能ですがヘルパーの資格があると有利です。看護師の資格があってもヘルパーの資格がある方が転職には有利となります。転職には資格を取得しておいた方が良いのですが、看護師を求人しているグループホームは増えています。

要介護の高齢者が入居する施設としては特別養護老人ホームがありますが、こちらは入居する人数の多い施設です。病院が併設されていたり、病院内にある施設が多く、医師が常駐している施設もあります。家庭的というより、病院という雰囲気が強いです。転職を考える場合にはこれらの違いを知っておくことが大切です。似たような施設に老人ホームというのがありますが、こちらは、高齢者であることが入所の条件で、認知症や重病にかかっている場合には入所できないこともあります。マンションのような大型のホームもあります。


Copyright (C) 2013-2018 グループホーム看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.